ヴェルサイユ宮殿の音楽シーズン

2017年-2018年シーズンのプログラム

Información

ヴェルサイユ宮殿で毎年催される80あまりの公演をお楽しみください。ヴェルサイユ宮殿内の音楽専用の壮麗な場所で、バロック音楽とクラシック音楽を、オペラ形式、コンサート形式、宗教音楽といったさまざまな形でご鑑賞いただけます。

 

ヴェルサイユ宮殿のオペラ劇場

ヴェルサイユ宮殿では、当初から数多くの催し物や祝典が開かれましたが、1770年までは、これらの催し専用の場所というものはありませんでした。1770年、王太子(後のルイ16世)とオーストリア皇女マリー=アントワネットの婚礼の際に落成式が行われたオペラ劇場は、たちまちヨーロッパで最も見事な劇場の一つに数えられるようになりました。そしてここで、リュリやラモーなどの18世紀を代表する音楽家のレパートリーが演奏されました。

 

今日、ヴェルサイユ宮殿スペクタクル はこの由緒ある劇場を復活させ、チェチーリア・バルトリ、ジョルディ・サバール、サー・ジョン・エリオット・ガーディナー、ロバート・キング、ウィリアム・クリスティ、レオナルド・ガルシア・アラルコン、トン・コープマン、ディエゴ・ファソリス、フィリップ・ジャルスキー、マックス・エマヌエル・ツェンチッチ、ヴィヴィカ・ジュノー、ヨナス・カウフマン、フランコ・ファジョーリなど、毎年の音楽シーズンに数々の名高い指揮者やオーケストラ、演奏家を迎えています。

 

► 2017年-2018年シーズンのプログラム(仏語版)

► 予約

 

 

ヴェルサイユ宮殿の王室礼拝堂

2階建てのこの見事な王室礼拝堂は、1699年から1708年にかけてジュール・アルドゥアン=マンサールによって建てられ、1710年にロベール・ド・コットによって完成されました。フランス革命が勃発するまで、礼拝堂は、皇女マリー=アントワネットと後のルイ16世との婚礼式を含めるさまざまな宗教的儀式に使用されました。

 

今日、数多くの宗教音楽演奏がこの特別な場所で行われています。

 

► 2017年-2018年シーズンのプログラム(仏語版)

► 予約